​元培医事大学

元培医事大学は台湾北部の新竹市香山区に位置する私立大学で学生だけで約1000人が在籍し毎年200人以上の卒業生を輩出する大学です。

 1965年に医療関連技術の発展を目的に元培医事技術専科学校として開校し、現在では放射線技術学科や医事工学学科などの医療技術関連学科だけではなくバイオ技術学科、食品科学学科などの健康科学関連の学科や企業管理学科や情報管理学科といった管理学関連の学科を有する大学となっています。

 神戸医療福祉大学への教員と生徒の来学や福岡山王病院への研修視察団の派遣など日本の医療施設や大学とも交流を持っています。

 また、2010年にはWHOのISS認証を取得しインターナショナルセーフスクールとして認証され、事故、いじめ、暴力を予防する安全な学校づくりのための仕組みが確立され機能していることが国際的に認められました。

 大学の位置する新竹市は台湾のシリコンバレーとも呼ばれる都市で海外企業が多く、多くの外国人が暮らしているため外国人に寛容で留学生が暮らしやすい環境が整っています。

台湾の医療関連技術の発展を目的に創立された台湾の私立大学

© 2019 GLAD INC.