​台湾

親日家が多く、最新技術や中国語を学ぶのに適した留学先

現在、中国や台湾に進出する企業、進出を狙っている日本企業はとても多いですが中国語を流暢に話せる人は多くいません。

 そのため中国語が話せるということは就職活動において大きなアドバンテージとなります。

 台湾は日本に統治されていた時代があったことや日本ブームが起きたということもあり、多くの国民が日本に対し好意的で文化や気候も同じアジア圏ということもあり、すぐに生活になじむことができます。

 更に和食を提供する店や日本のチェーン店も多く食生活で悩むこともなく、日本人の学生も安心して生活することが出来ます。

 また、日本と比べ物価が安いため、留学に必要なお金が欧米諸国に留学するよりも大幅に安く、留学生向けの奨学金制度も充実しているため金銭面においても安心して留学することが出来ます。

 多くの国の留学生が集まる台湾の大学で4年間しっかり勉強すれば、中国語はもちろんのこと、英語も身につけることができ、日中英の3ヶ国語の話せるトライリンガル人材になることができます。

© 2019 GLAD INC.